スタッフ紹介

チャプレンとは

病院や学校など施設にある礼拝堂を「チャペル」と言い、そこに所属する司祭・牧師はチャプレンと呼ばれます。聖路加国際大学のチャプレンはケアチームの一員で、スピリチュアルケアを専門職としています。

スタッフ

ケビンチャプレン

主任チャプレン

ケビン・シーバー(司祭)。米国サウス大学英米文学科卒業。バージニア神学校大学院修士課程修了。バージニアコモンウェルス大学、メリー・ワシントン総合病院臨床牧会教育(Clinical Pastoral Education)修了。現在、聖路加国際大学主任チャプレンと特任教授、聖路加国際大学 聖ルカ礼拝堂主任司祭。M.A.

上田憲明

チャプレン

上田憲明(司祭)。1982 年関西大学英文科卒業。1985年聖公会神学院卒業。1991年まで聖公会横浜教区勤務。1998年よりハワイ・クイーンズ病院などで臨床牧会教育(Clinical Pastoral Education)を受け、2001年~2002年クアキニ病院チャプレンを経、2003年に聖路加国際病院協働チャプレンとなり9年間勤める。また2014年10月からキリスト教センターチャプレンに。現在に至る。

柴田実

チャプレン

柴田実(牧師)。関西学院大学大学院神学研究科博士前期課程修了。聖路加国際大学臨床牧会教育(Clinical Pastoral Education)修了。日本スピリチュアルケア学会(日野原重明理事長)認定指導臨床会員。同学会認定プログラム・東京看とり人プロジェクト-スピリチュアルケア教育講座スーパーヴァイザー兼代表。日本臨床死生学会会員。著書:柴田実・深谷美枝、『病院チャプレンによるスピリチュアルケア -宗教専門職の語りから学ぶ臨床実践』、三輪書店、2011年、深谷美枝・柴田実、『福祉・介護におけるスピリチュアルケア -その考え方と方法』、中央法規、2008年。日本キリスト教団牧師、明治学院大学社会学部付属研究所研究員を経て現在、聖路加国際大学チャプレン。M.A.

関正勝

チャプレン

関正勝(司祭)。立教大学大学院文学研究科組織神学専攻修士課程修了。聖公会神学院卒業。立教大学コミュニティ福祉学部教授、聖公会神学院校長を経て現在、聖路加国際大学聖ルカ礼拝堂嘱託司祭。聖路加国際大学チャプレン。M.A.

米村路三(司祭)

To PageTop