• キリスト教の愛を常に示し続ける… 聖路加国際大学キリスト教センター(St. Luke’s International University Center for Christianity and Spiritual Care)は、本学の基盤となるキリスト教の愛の精神を具現化する役割を担います。教育現場においてはキリスト教概論、倫理などの教育に取り組み、医療現場においてはキリスト教チャプレン(専任聖職者)がスピリチュアルケアの専門家としてそれぞれの医療部のチームに加わり、患者さんやご家族へのスピリチュアルニーズを視野に入れた「全人的医療」に取り組んでいます。これ以外にも、種々の礼拝と祈りの機会や音楽プログラムを主催するなど、イエス・キリストとの出会いをサポートしています。
  • キリスト教の愛を常に示し続ける… 聖路加国際大学キリスト教センター(St. Luke’s International University Center for Christianity and Spiritual Care)は、本学の基盤となるキリスト教の愛の精神を具現化する役割を担います。教育現場においてはキリスト教概論、倫理などの教育に取り組み、医療現場においてはキリスト教チャプレン(専任聖職者)がスピリチュアルケアの専門家としてそれぞれの医療部のチームに加わり、患者さんやご家族へのスピリチュアルニーズを視野に入れた「全人的医療」に取り組んでいます。これ以外にも、種々の礼拝と祈りの機会や音楽プログラムを主催するなど、イエス・キリストとの出会いをサポートしています。
  • キリスト教の愛を常に示し続ける… 聖路加国際大学キリスト教センター(St. Luke’s International University Center for Christianity and Spiritual Care)は、本学の基盤となるキリスト教の愛の精神を具現化する役割を担います。教育現場においてはキリスト教概論、倫理などの教育に取り組み、医療現場においてはキリスト教チャプレン(専任聖職者)がスピリチュアルケアの専門家としてそれぞれの医療部のチームに加わり、患者さんやご家族へのスピリチュアルニーズを視野に入れた「全人的医療」に取り組んでいます。これ以外にも、種々の礼拝と祈りの機会や音楽プログラムを主催するなど、イエス・キリストとの出会いをサポートしています。
  • キリスト教の愛を常に示し続ける… 聖路加国際大学キリスト教センター(St. Luke’s International University Center for Christianity and Spiritual Care)は、本学の基盤となるキリスト教の愛の精神を具現化する役割を担います。教育現場においてはキリスト教概論、倫理などの教育に取り組み、医療現場においてはキリスト教チャプレン(専任聖職者)がスピリチュアルケアの専門家としてそれぞれの医療部のチームに加わり、患者さんやご家族へのスピリチュアルニーズを視野に入れた「全人的医療」に取り組んでいます。これ以外にも、種々の礼拝と祈りの機会や音楽プログラムを主催するなど、イエス・キリストとの出会いをサポートしています。

礼拝案内

日曜日の礼拝:
7:00 聖餐式(トイスラーホール)
10:00 こども礼拝(旧館チャペル)
10:30 聖餐式・説教(旧館チャペル)
17:00 夕の礼拝・教話(トイスラーホール)
※第1日曜日 いやしの祈り
※第3日曜日 Evening Prayer(英語)
月~土曜日:
8:30 朝の礼拝(トイスラーホール )
水曜日:
8:30 聖餐式(トイスラーホール)

 

※なお、第2水曜、第3火曜、第3水曜の礼拝は午前8時45分から始まります。

今週の聖書サプリメント

これまでの聖書サプリメント

「そこで、わたしは言っておくが、不正にまみれた富で友達を作りなさい。」ルカによる福音書16:9
 と、イエスさまがおっしゃったと、福音書に書いてある。ルカによる福音書には他にも、人を人とも思わないような不正な裁判官のたとえ(18:1~)のように、不正な人を例にあげて、そこから学ぶように促す話がある。これらは、わかりにくい話なので、かえってイエスさまが語られたことを忠実に記録している可能性が高いとも考えられる。どんな人からも、わたしたちは学ぶことができることや、神様は思いがけない形でわたしたちの目や耳を開こうとされることを、イエスさまは教えようとされているのではないだろうか。(司祭シモン・ペテロ上田憲明)

To PageTop