• キリスト教の愛を常に示し続ける… 聖路加国際大学キリスト教センター(St. Luke’s International University Center for Christianity and Spiritual Care)は、本学の基盤となるキリスト教の愛の精神を具現化する役割を担います。教育現場においてはキリスト教概論、倫理などの教育に取り組み、医療現場においてはキリスト教チャプレン(専任聖職者)がスピリチュアルケアの専門家としてそれぞれの医療部のチームに加わり、患者さんやご家族へのスピリチュアルニーズを視野に入れた「全人的医療」に取り組んでいます。これ以外にも、種々の礼拝と祈りの機会や音楽プログラムを主催するなど、イエス・キリストとの出会いをサポートしています。
  • キリスト教の愛を常に示し続ける… 聖路加国際大学キリスト教センター(St. Luke’s International University Center for Christianity and Spiritual Care)は、本学の基盤となるキリスト教の愛の精神を具現化する役割を担います。教育現場においてはキリスト教概論、倫理などの教育に取り組み、医療現場においてはキリスト教チャプレン(専任聖職者)がスピリチュアルケアの専門家としてそれぞれの医療部のチームに加わり、患者さんやご家族へのスピリチュアルニーズを視野に入れた「全人的医療」に取り組んでいます。これ以外にも、種々の礼拝と祈りの機会や音楽プログラムを主催するなど、イエス・キリストとの出会いをサポートしています。
  • キリスト教の愛を常に示し続ける… 聖路加国際大学キリスト教センター(St. Luke’s International University Center for Christianity and Spiritual Care)は、本学の基盤となるキリスト教の愛の精神を具現化する役割を担います。教育現場においてはキリスト教概論、倫理などの教育に取り組み、医療現場においてはキリスト教チャプレン(専任聖職者)がスピリチュアルケアの専門家としてそれぞれの医療部のチームに加わり、患者さんやご家族へのスピリチュアルニーズを視野に入れた「全人的医療」に取り組んでいます。これ以外にも、種々の礼拝と祈りの機会や音楽プログラムを主催するなど、イエス・キリストとの出会いをサポートしています。
  • キリスト教の愛を常に示し続ける… 聖路加国際大学キリスト教センター(St. Luke’s International University Center for Christianity and Spiritual Care)は、本学の基盤となるキリスト教の愛の精神を具現化する役割を担います。教育現場においてはキリスト教概論、倫理などの教育に取り組み、医療現場においてはキリスト教チャプレン(専任聖職者)がスピリチュアルケアの専門家としてそれぞれの医療部のチームに加わり、患者さんやご家族へのスピリチュアルニーズを視野に入れた「全人的医療」に取り組んでいます。これ以外にも、種々の礼拝と祈りの機会や音楽プログラムを主催するなど、イエス・キリストとの出会いをサポートしています。

礼拝案内

日曜日の礼拝:
7:00 聖餐式(トイスラーホール)
10:00 こども礼拝(旧館チャペル)
10:30 聖餐式・説教(旧館チャペル)
17:00 夕の礼拝・教話(トイスラーホール)
※第1日曜日 いやしの祈り
※第3日曜日 Evening Prayer(英語)
月~土曜日:
8:30 朝の礼拝(トイスラーホール )
水曜日:
8:30 聖餐式(トイスラーホール)

 

※なお、第2水曜、第3火曜、第3水曜の礼拝は午前8時45分から始まります。

今週の聖書サプリメント

これまでの聖書サプリメント

「あなたがたは地の塩である。」「あなたがたは世の光である。」
マタイ福音書5章から始まるイエスの山の上の説教・8つの幸につづく箇所で、イエスはたんてきにイエスに従う者たちは「地の塩」「世の光」である、と語られています。さらにイエスは律法を廃止するためではなく「完成するため」に来られた、と宣言されます。この宣言は次の主日(12日)に引き継がれます。「地の塩」「世の光」というわたしたちについて語られた指摘に驚かされます。「塩」にはいろいろなイメ-ジがある、と思います。聖書に塩には一つ「清め」の働きがある、と語られています。(レビ記2・13)わたしは塩の「触媒」としての働きに注目したいと思います。触媒は素材のもともとの性質を変質させることなく、その素材の本来の隠れた味を引き出してくれる力がある、と言われます。触媒は自己主張せずに隠れた味を引き出します。主張し過ぎたら塩がそうであるように辛すぎた品になってしまうでしょう。塩加減の大事さは触媒としての働きの大事さ難しさでもあります。
(司祭 バルナバ 関 正勝)

To PageTop