• キリスト教の愛を常に示し続ける… 聖路加国際大学キリスト教センター(St. Luke’s International University Center for Christianity and Spiritual Care)は、本学の基盤となるキリスト教の愛の精神を具現化する役割を担います。教育現場においてはキリスト教概論、倫理などの教育に取り組み、医療現場においてはキリスト教チャプレン(専任聖職者)がスピリチュアルケアの専門家としてそれぞれの医療部のチームに加わり、患者さんやご家族へのスピリチュアルニーズを視野に入れた「全人的医療」に取り組んでいます。これ以外にも、種々の礼拝と祈りの機会や音楽プログラムを主催するなど、イエス・キリストとの出会いをサポートしています。
  • キリスト教の愛を常に示し続ける… 聖路加国際大学キリスト教センター(St. Luke’s International University Center for Christianity and Spiritual Care)は、本学の基盤となるキリスト教の愛の精神を具現化する役割を担います。教育現場においてはキリスト教概論、倫理などの教育に取り組み、医療現場においてはキリスト教チャプレン(専任聖職者)がスピリチュアルケアの専門家としてそれぞれの医療部のチームに加わり、患者さんやご家族へのスピリチュアルニーズを視野に入れた「全人的医療」に取り組んでいます。これ以外にも、種々の礼拝と祈りの機会や音楽プログラムを主催するなど、イエス・キリストとの出会いをサポートしています。
  • キリスト教の愛を常に示し続ける… 聖路加国際大学キリスト教センター(St. Luke’s International University Center for Christianity and Spiritual Care)は、本学の基盤となるキリスト教の愛の精神を具現化する役割を担います。教育現場においてはキリスト教概論、倫理などの教育に取り組み、医療現場においてはキリスト教チャプレン(専任聖職者)がスピリチュアルケアの専門家としてそれぞれの医療部のチームに加わり、患者さんやご家族へのスピリチュアルニーズを視野に入れた「全人的医療」に取り組んでいます。これ以外にも、種々の礼拝と祈りの機会や音楽プログラムを主催するなど、イエス・キリストとの出会いをサポートしています。
  • キリスト教の愛を常に示し続ける… 聖路加国際大学キリスト教センター(St. Luke’s International University Center for Christianity and Spiritual Care)は、本学の基盤となるキリスト教の愛の精神を具現化する役割を担います。教育現場においてはキリスト教概論、倫理などの教育に取り組み、医療現場においてはキリスト教チャプレン(専任聖職者)がスピリチュアルケアの専門家としてそれぞれの医療部のチームに加わり、患者さんやご家族へのスピリチュアルニーズを視野に入れた「全人的医療」に取り組んでいます。これ以外にも、種々の礼拝と祈りの機会や音楽プログラムを主催するなど、イエス・キリストとの出会いをサポートしています。

礼拝案内

日曜日の礼拝:
7:00 聖餐式(トイスラーホール)
10:00 こども礼拝(旧館チャペル)
10:30 聖餐式・説教(旧館チャペル)
17:00 夕の礼拝・教話(トイスラーホール)
※第1日曜日 いやしの祈り
※第3日曜日 Evening Prayer(英語)
月~土曜日:
8:30 朝の礼拝(トイスラーホール )
水曜日:
8:30 聖餐式(トイスラーホール)

 

※なお、第2水曜、第3火曜、第3水曜の礼拝は午前8時45分から始まります。

今週の聖書サプリメント

これまでの聖書サプリメント

「イエスは必ず死者の中から復活されることになっているという聖書の言葉を、二人はまだ理解していなかったのである。」ヨハネによる福音書20:9
福音書は、弟子たちが復活以前はイエスさまのことも神の国のことも全然理解していなかった自分たちをさらけ出しながら、私たちに伝えてくれている。イエスさまが十字架に掛かって殺され、死んで葬られ、復活されてからは、全く新しい時代が始まっていることを弟子たちは目の当たりにし、それを徐々に自分たちのこととしても受け止めていった。「わたしたちは常にキリストにおり、キリストは常にわたしたちにおられる」生活が始まり、それが今の私たちにまで伝えられてきたのである。イースターおめでとうございます。(司祭 シモン・ペテロ 上田憲明)

To PageTop