• キリスト教の愛を常に示し続ける… 聖路加国際大学キリスト教センター(St. Luke’s International University Center for Christianity and Spiritual Care)は、本学の基盤となるキリスト教の愛の精神を具現化する役割を担います。教育現場においてはキリスト教概論、倫理などの教育に取り組み、医療現場においてはキリスト教チャプレン(専任聖職者)がスピリチュアルケアの専門家としてそれぞれの医療部のチームに加わり、患者さんやご家族へのスピリチュアルニーズを視野に入れた「全人的医療」に取り組んでいます。これ以外にも、種々の礼拝と祈りの機会や音楽プログラムを主催するなど、イエス・キリストとの出会いをサポートしています。
  • キリスト教の愛を常に示し続ける… 聖路加国際大学キリスト教センター(St. Luke’s International University Center for Christianity and Spiritual Care)は、本学の基盤となるキリスト教の愛の精神を具現化する役割を担います。教育現場においてはキリスト教概論、倫理などの教育に取り組み、医療現場においてはキリスト教チャプレン(専任聖職者)がスピリチュアルケアの専門家としてそれぞれの医療部のチームに加わり、患者さんやご家族へのスピリチュアルニーズを視野に入れた「全人的医療」に取り組んでいます。これ以外にも、種々の礼拝と祈りの機会や音楽プログラムを主催するなど、イエス・キリストとの出会いをサポートしています。
  • キリスト教の愛を常に示し続ける… 聖路加国際大学キリスト教センター(St. Luke’s International University Center for Christianity and Spiritual Care)は、本学の基盤となるキリスト教の愛の精神を具現化する役割を担います。教育現場においてはキリスト教概論、倫理などの教育に取り組み、医療現場においてはキリスト教チャプレン(専任聖職者)がスピリチュアルケアの専門家としてそれぞれの医療部のチームに加わり、患者さんやご家族へのスピリチュアルニーズを視野に入れた「全人的医療」に取り組んでいます。これ以外にも、種々の礼拝と祈りの機会や音楽プログラムを主催するなど、イエス・キリストとの出会いをサポートしています。
  • キリスト教の愛を常に示し続ける… 聖路加国際大学キリスト教センター(St. Luke’s International University Center for Christianity and Spiritual Care)は、本学の基盤となるキリスト教の愛の精神を具現化する役割を担います。教育現場においてはキリスト教概論、倫理などの教育に取り組み、医療現場においてはキリスト教チャプレン(専任聖職者)がスピリチュアルケアの専門家としてそれぞれの医療部のチームに加わり、患者さんやご家族へのスピリチュアルニーズを視野に入れた「全人的医療」に取り組んでいます。これ以外にも、種々の礼拝と祈りの機会や音楽プログラムを主催するなど、イエス・キリストとの出会いをサポートしています。

礼拝案内

日曜日の礼拝:
7:00 聖餐式(トイスラーホール)
10:00 こども礼拝(旧館チャペル)
10:30 聖餐式・説教(旧館チャペル)
17:00 夕の礼拝・教話(トイスラーホール)
※第1日曜日 いやしの祈り
※第3日曜日 Evening Prayer(英語)
月~土曜日:
8:30 朝の礼拝(トイスラーホール )
水曜日:
8:30 聖餐式(トイスラーホール)

 

※なお、第2水曜、第3火曜、第3水曜の礼拝は午前8時45分から始まります。

今週の聖書サプリメント

これまでの聖書サプリメント

「すると、雲が現れて彼らを覆い、雲の中から声がした。『これはわたしの愛する子。これに聞け。』」(マタイ17:7)
共観福音書(マタイ、マルコ、ルカ)では、天の父なる神が地上の人に直接話し掛けられるのは2回しかない。イエスさまの変容貌の場面とその受洗の場面。両方は内容が一緒:イエスはご自分の愛する子であり、ご自分の意志の使者である。神さまが人間に何よりも知ってもらいたいことはこれだ:すなわち、ナザレのイエスはご自分にとってどういう存在であるか、と。だから「イエスに聞け」と命じられる。イエスさまがおっしゃることとなさることはすべて創造主である神のみ心通りのことである。これはわたしたちが確信をもって受け入れられるのである。受け入れて、人生の軸にできるのである。 (司祭ケビン・シーバー)

To PageTop